小池徹平の若い頃の画像!ドラマ、映画出演作品別まとめ!ドラゴン桜やごくせん等!

俳優

小池徹平さんといえばウエンツ瑛士さんと一緒にワットで歌っているイメージが強いんですがそのワットは現在では解散していてウエンツ瑛士さんも海外へと留学し小池徹平さんは俳優活動に専念しています。

そこで今回は過去に俳優としてどんな作品に出演していたのかを調べてみました!

小池徹平のプロフィール

2001年の当時まだ15歳で「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリ受賞して翌年にバーニングに所属しました。

そしてそこで同じプロダクションのウエンツ瑛士さんとデュオを組みます。その後約2年間、代々木公園等で路上ライブや学園祭でライブツアーをしていました。

その後2003年12月にブレイクします。

小池徹平さん個人としては2006年7月から公開された映画『ラブ★コン』に出演。同じ『WaT』のウエンツ瑛士さんも1カットのみですが特別出演しています。

2007年6月に小池徹平さんはWaTとしてメジャーデビューする以前に作られた楽曲も含めてユニバーサルミュージックA&MよりソロCDデビューします。

そして2011年以降、活動を行っていなかった『WaT』は同年12月に品川のステラボールで7年半ぶりとなる単独公演を行って翌2016年に解散することを発表しました。

そしてその後に俳優として再始動した小池徹平さんは2016年の映画『サブイボマスク』に権助役として出演しています。

小池徹平のドラマ、映画出演作品別の髪型画像まとめ記事はこちらをクリック

 

小池徹平の生い立ち

小池徹平さんは大阪府狭山市出身です。家族構成は父親と母親と弟の4人家族となっています。父方の親戚には俳優の京本正樹さんがいます。

母方のいとこには宝塚女優の夏月都さんがいるということで才能はどうやら受け継がれたようですね。3つ下の弟も芸能界で活動していた時期もありました。

小池徹平さんの出身小学校は地元の大阪狭山市立西小学校です。小学校卒業後は地元にある大阪狭山市立狭山中学校へ進学。この中学校時代に、『ゆず』に憧れてギターを始めます。

中学卒業後に大阪府立長野高等学校へ進学します。そして長野高校の1年生の秋に好奇心で「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募したんです。

その結果、見事グランプリを獲得して翌年の春には本格的に芸能活動を始めるために東京の堀越高等学校へ編入します。

その後に小池徹平さんは芸能活動に専念するために大学には進学していません。

 

小池徹平の若い頃の出演ドラマまとめ

小池徹平さんは美男子を選ぶジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを取って音楽ユニット「WaT」として活躍しましたが現在では俳優を中心に活躍しています。

昔はかわいい役が中心となっていましたが徐々に大人の俳優へ脱皮しつつあります。そこで今回は若い時の出演作品について改めて調べていきたいと思います。

 

2002年ドラマ『天体観測』で俳優デビュー

小池徹平さんは小雪さんと坂口健二さんが働く予備校の冷めた感じの生徒役でレギュラーでしたがそんなに出番は多くなかったです。

デビュー作ということもあってかなり若いですよね!

 

2003年ドラマ『あなたの人生お運びします!』に出演

『あなたの人生お運びします』は2003年4月10日から6月19日までTBS系列で毎週木曜日に放送されたドラマです。

モデルとなったのはアート引越センターを一代で築き上げた寺田千代乃さんと寺田寿男さん夫妻となっています。

セリフはほとんどが関西弁で小池徹平さんは小暮芳松役を演じています。

 

2003年ドラマ『ヤンキー母校に帰る』に出演

『ヤンキー母校に帰る』は北星学園余市高等学校と卒業生で母校の教師となったヤンキー先生こと義家弘介さんをモデルにしてTBS系列で放送しされていたドラマです。

小池徹平さんは3年B組生徒で村瀬元哉役を演じています。

 

2004年ドラマ『WATER BOYS2(ウォーターボーイズ)』に出演

2004年にフジテレビ系で放送されてあらすじは3年前まで女子校で現在も9割以上が女子生徒がいる姫乃高校に元水泳部員の水嶋泳吉が転校してシンクロ部を設立するというものです。

小池徹平さんは岩田巌男役を演じていて2年生で生徒会の書記をしています。

 

2005年ドラマ『ごくせん』に出演

森本梢子さんの漫画『ごくせん』をテレビドラマ化したもので日本テレビ系で放送されていました。小池徹平さんが出演したのは第2シリーズの2005年です。

任侠集団の大江戸一家で育った熱血高校教師の山口久美子こと通称ヤンクミが不良の3年D組で活躍する学園ドラマです。

小池徹平さんは武田啓太役を演じていて金髪にピンをとめているのが特徴です。

 

2005年ドラマ『ドラゴン桜』に出演

2005年にTBS系で放送されたドラマで小池徹平さんは緒方英喜役を演じていました。龍山高校の3年生で特別進学クラスの生徒でもあります。

主人公の勇介のバンド仲間で家はお金持ちという設定です。

 

2005年ドラマ『鬼嫁日記』に出演

鬼嫁日記は2005年10月11日から12月20日まで毎週火曜日にフジテレビ系の「火曜22時枠」で放送されたドラマです。

主演は観月ありささんでインターネットのブログに書き込まれた記録を本にした『実録鬼嫁日記』がベストセラーとなって関西テレビが実写化したものとなっています。

小池徹平さんは沢村亮介というスポーツインストラクター役を演じています。

 

2006年ドラマ『医龍』に出演

日本の医療を題材とした漫画を原作とするテレビドラマシリーズです。2006年よりフジテレビで放送されていてその後、続編が連続ドラマとして制作されました。

小池徹平さんは伊集院登役を演じていて明真大学付属病院胸部心臓外科後期研修医となっています。

 

小池徹平の若い頃の出演映画まとめ

小池徹平さんは映画にも数多く出演していました。若い時から既にその演技力は周りから評価されていたようです。

ただいきなり主演級の役柄は少なくて地道に努力していったことがわかります。

 

2005年映画『誰がために』に出演

映画「誰がために」にで小池徹平さんはやまぎしたつや役を演じていて本屋で見つけた妻を殺害してしまう犯人の少年役でした。

日向寺監督が小池徹平さんの素質を見抜いて抜擢したようです。当時アイドルとして知名度が上がったころのこの役柄でしたから衝撃をもってむかえられていました。

 

2006年映画『ラブ☆コン』に出演

中原アヤさんによる日本の少女漫画作品でそれを原作とした実写映画です。

舞台は大阪の高校の舞戸学園で小池徹平さんは大谷敦士役を演じていて背の低さからチビ扱いされて小学生と間違えられる事も多いという役柄でした。

 

2008年映画『KIDS』に出演

『KIDS』(キッズ)は2008年2月2日に公開された映画で小池徹平さんはアサト役での出演です。

超能力が使えるという設定で家庭の事情で叔母の家で暮らしながら定時制高校に通うという役柄です。大人しい性格でお人好しでケガをしている人がいると放っておけないという感じです。

 

2008年映画『ホームレス中学生』に出演

お笑いコンビの麒麟の田村裕さんの自叙伝を2008年に映画化したものです。小池徹平さんは主役の田村裕さん役を演じていて話題となった映画でもあります。

この映画で主演を演じたことによって小池徹平さんは俳優として注目をされるようになった作品でもあると思います。

映画としても当時は話題をよんでいたので運もよかったんだと思います。

英会話を子供に習わせるならエイゴックスがおすすめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました